シーズン2回目 北海道遠征 富良野スキー場 岩見沢萩の山市民スキー場

富良野スキー場

今シーズン2度目の北海道遠征。カムイリンクスキーに行こうと計画を練っていましたが、土壇場でコンディションが良さそうな富良野に変更。
テレビでも報じていますが、西日本は雪不足でスキー場はほぼ全滅。去年は新年から広島のスキー場で滑ったのですが、今年はほぼ人工雪のみ。正月に僅かに降った程度で、その雪も数日で溶けてなくなってしまいました。

1日目 富良野スキー場

富良野スキー場は2日滞在の予定。1日目は生憎の曇りでしたが風、無風に近く温度マイナス5度程度。ガスもそこまで出てこない状態でした。

ゲレンデは自衛隊の方々が多い印象。外国人の方もそこそこといった感じ。ただしラーメン屋以外は人種の坩堝状態。

こちらはプレミアムコース。太い板だとまだキツイ。

2日目 富良野スキー場

2日目の富良野は晴天!久しぶりの晴天の北海道。夜のうちに少し積雪があったようで、ちょいパウ。

朝方はマイナス15度まで冷え込みました。

圧雪してます。

奥は旭岳、トムラウシ山、富良野岳・・・くっきり見える!

辛いけど冷えた体には美味しい!

3日目 岩見沢萩の山市民スキー場

http://www.haginoyama.com/

最終日はローカルスキー場にお邪魔。6時間2500円で安い。
こちらは8割自衛隊、2割地元の方々。アットホームで昭和の雰囲気を味わえます。なによりみんな日本人でゆったりできます。

キッカー、20mジャンプ台(この日は閉鎖)などもあって、コンパクトながら楽しめる構成。

リフトに足かけなどありませんが、距離がないのでそこまで苦ではありません。

雪不足で所々ブッシュが出ています。

今回の装備

今回の新装備をご紹介。

LEKI BLUE BIRD VARIO S

ご存じトリガーグリップで有名なレキ。2019年の型落ちモデルがポイントバックで安かったので購入しました。グローブからのポール取り外しが格段に楽になりました。ただし長さを伸ばして使用していても、いつの間にか一番短くなってしまう残念なところも。クリップが弱いようです。

ELAN エラン 18-19 スキー Ski 2019 リップスティック 94 RIPSTICK 94

こちらは前から狙っていたモデル。左右非対称のスキーでバックカントリーがメインの板。とにかく軽い曲がる板が欲しかったの手に入れました。速度があがるとバタつく、直進性が弱い印象ですが、1日履いても疲れない板としては優秀。

 Nordwand Pro HS Hooded Jacket

Mamuut Nordwand Pro HS Hooded Jacket

2020年1月19日

こちらは別記事で紹介。

 雪が少ない2019-2020

今年は圧倒的に雪が少ない。去年も少なかったですが、オープンできないほどの状態ではありませんでした。西日本のスキー場にも行く予定でしたが、このままだと厳しいですね。雪好きには厳しいシーズンですが、なるだけスキー場を訪れて売り上げに貢献したいと思います。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください