レビュー ブラックダイヤモンド グローブ 2

レビュー ブラックダイヤモンド グローブ 2

私が登山をはじめた当初から、ブラックダイヤモンドに限ってグローブを購入しています。最近いくつか購入したので、新しくご紹介していきます。

レビュー ブラックダイヤモンド グローブ

2018年4月19日

スパークは汗をかくと脱ぎ履きが非常に難しくなるので手放しました。

グリセード

ロストアロー公式 

ホームページより

-17度(摂氏)まで対応し登山からバックカントリースキーまで幅広く使えるオールラウンドモデル。コストパフォーマンスに優れます。

・防水透湿素材BDRYを採用
・軽量で耐摩耗性に優れる4ウェイストレッチパーテックス®シールドシェル
・ライナーの甲とパームにシンサレートインサレーション(100g/平米)
・ゴートレザー(山羊皮)製パーム
・ケブラー®ステッチ補強
・カラビナループ
・ドローコードカフクロージャー

温度域 -17/-1度
重量 175g(M)
サイズ XS、S、M、L、XL

ブラックダイヤモンドのグローブで最初に購入したのがこちら「グリセード」。最初は高価な買い物と思いましたが、意を決してXSとSを購入。手の小さい私はXSがピッタリでしたが、フリースのグローブを嵌めるならSがいいと思います。
冬の低山でも問題なく役割を果たしてくれますが、水分を吸いやすく乾きにくい。冬場に自然乾燥だと3日ほど完全には渇きません。また撥水効果も落ちるようで、何度か使用した後にはニクワックスで撥水処理を施しています。
物も握り易く軽量、ゲレンデ、登山と使いやすい!が、連日の使用、雪山登山にはちょっと不安がある手袋。-10℃を下回って風が吹いている状態だと、フリースインナーを併用しないとキツイ。

使い勝手の良いグローブで今のところのメイン。しかし単体だと不安なので予備のグローブ必須というところでしょうか。

モンブラン

ロストアロー公式

ホームページより

ツールのグリップ性能に優れ、撥水性のあるナイロン生地を用いた軽量グローブ。山岳マラソンレース、ウルトラマラソンなど激しいアクティブティに対応するグローブです。

・撥水性ナイロンシェル
・シリコングリップを採用、通気性に優れたパーム素材
・親指と人指し指にタッチスクリーン操作対応生地採用
・長くなったストレッチカフ

温度域 -4/4度
重量 56g
サイズ XS、S、M、L、XL

次に夏山登山用に購入したのが「モンブラン」。
伸縮性があり、フィット感よし。シリコンが手のひらに張ってあるので、ストックグリップ向上、鎖場や岩場でのグリップ向上。
着脱もしやすいので、夏場は重宝します。
スマホのタッチ感は微妙ですね・・・。

ガイド フィンガー

ロストアロー公式

ホームページより

ミトンの保温性とグローブの操作性を両立する、トリガーフィンガータイプ。プロフェッショナルのハードな使用にも耐え、厳冬期の登山/バックカントリースキーに最適です。

・リムーバブルライナー(ゴアテックス®プラスウォームテクノロジー)
・丈夫な4ウェイストレッチナイロンシェル
・インサレーションにプリマロフト®ゴールド(170g/平米)とボイルドウール
・パームにフリースライニング(300g/平米)
・ゴートレザー(山羊皮)製パーム/補強パッチ付き
・ドローコードカフクロージャー
・フォームナックルパッド
・カラビナループ

温度域 -31/-12度
重量 340g(M)
サイズ XS、S、M、L、XL

まだあまり使用出来てないですが、インナーとアウターが分離できるロブスター型手袋。
ゴートレザーが硬くて物を持つのは苦手ですが、ミトンよりはマシ。非常に暖かくー20℃のゲレンデや山に行く時はこれで安心。
ピッケル、スキー、アイスクライミングなどには、ゴートレザーの方が生地の破れには強いでしょう。

グリセードとの比較。

こちらはブラックダイヤモンドのグローブではお馴染みのループ。

袖を絞るギミックも共通。

インナー有り。

インナーなし。

下部はマジックテープが付いています。

タグにはニクワックスが付属していました。

 

ソロイスト フィンガー

ロストアロー公式 

ホームページより

対応温度域-29度(摂氏)。極寒のアルパインクライミングや登山で活躍するトリガーフィンガーグローブ。保温性と操作性のバランスに優れています。

・リムーバブルインナー(防水透湿素材BDRY)
・軽量で耐摩耗性に優れる4ウェイストレッチナイロンシェル
・リムーバブルインナーにプリマロフト®ゴールド(340g/平米)インサレーション、ハイロフトフリース
・ゴートレザー(山羊皮)製パーム/補強パッチ付き
・ケブラー®ステッチ補強
・カラビナループ
リストストラップ、ドローコードカフクロージャー

温度域 -29/-12度
重量 261g(M)
サイズ XS、S、M、L、XL

「ガイド」ほどゴツくなくてもいいという人は、こちらのソロイストでもいいと思います。
私の場合は「グリセード」の保険としてのグローブでしたが、最初にこれを買えば一つで大体のケースに対応できるはず。

ガイドとの比較。

手首にはバックルが付いています。

ソロイストのインナーにはゴアテックスのタグが付いていませんでした。

PERTEX SHIELDのタグ。

グローブリーシュ

横着して付けていませんでしたが、グローブリーシュは必須。先日リフトに乗っていてポロっとグローブを落としてしまいました。
落下防止できればなんでもいいと思います。今回グローブの数だけリーシュを取り付けました。

総括

スキーや冬季登山にはグローブは必須ツール。ちょっとまとめてみます。

ロブスター型はまだまだ実地テスト出来ていないので、今後気づいた事があればこちらに追記します。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください