鳥取 大山 行者ルートから夏山登山コース

鳥取 大山 行者コースから夏山登山コース

中国地方でも人気の百名山「大山」。去年はユートピアコースへ向かいハンガーノックになりながら登頂しました。
今回は準備をしっかりして、登りやすい夏山登山コースを使って弥山を目指します。

大山の概要

wikiよりまとめました。

tips
  • 標高1,729m
  • 鳥取県および中国地方の最高峰
  • 角盤山(かくばんざん)鳥取県西部の旧国名が伯耆国であったことから伯耆大山(ほうきだいせん)と呼ばれる
  • あるいはその山容から郷土富士として伯耆富士とも
  • 最高点は剣ヶ峰であるが、剣ヶ峰に至る縦走路が通行禁止とされていることや古くから第二峰の弥山(みせん 1,709m)が頂上に

http://tourismdaisen.com/climb/

鳥取大山観光ガイドにルートマップがありますので、ざっくりルートを把握するにはいいです。

大山 ユートピアコース

2017.12.10

装備

前回の富士登山とほぼ同じ。すでに山頂は10℃以下。防寒対策はしっかりしておきます。

 今回からニューバランスのトレッキングシューズに切り替え。サロモンXA PRO 3D、ソールが以外に滑りやすい。トレイルランシューズなのでソールが柔らかい事はいいのですが、モンベルのトレイルグリッパーに比べると、石の苔や濡れ石などでかなり滑ります。
ニューバランスはミッドカットに硬めのビブラムソール、アッパーはゴアテックスとしっかりしたスペック。生産終了?につきセール価格だったので御殿場プレミアムアウトレットにて購入。今回使った感じも違和感はありませんでした。
今回の主な装備

mont-bell(モンベル) ウイックロン ZEO ショートスリーブ ジップシャツ Men’s 1114288
(モンベル)mont-bell ジオラインL.W.ラウンドネックシャツ Men’s 1107486 BK ブラック
(シーダブリューエックス)CW-X スポーツタイツ スタイルフリーボトム (ロング丈) 吸汗速乾 UVカット VCO509
OSPREY(オスプレー) タロン33 S/M
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) アルパインFLZ BD82364 105-125cm
Hydrapak (ハイドラパック) FULL FORCE リザーバー 2L グレイ
mont-bell(モンベル) キャニオンショーツ Men’s TN/DT 1105529
モンベル(mont-bell) トレッキングレインポンチョ 1128498
(サロモン) SALOMON FAST WING GLOVE U FAST WING GLOVE U L39504300 Black
[サロモン] トレイルランニングシューズ XA PRO 3D GORE-TEX メンズ ブラック/オレンジ
mont-bell (モンベル) アウトドア レインウェア シンプル ショートスパッツ 1129450 GY グレー
mont-bell モンベル 男女兼用フェイスマスク ジオラインL.W.バラクラバ 1107500
(ブラックダイヤモンド) メンズ トップス フリース Black Diamond Coefficient Jacket [並行輸入品]
Juza Field Gear Em-Shelter II/ エム・シェルター2 新世代ツェルト 2~4人用 245g
ベルモント(Belmont) BM-271 チタンスタッキングクッカー650FC(ケース付)
ソト(SOTO) アミカス ストーブ SOD-320

(モンベル) mont-bell EXライト ウインド ジャケット Men’s 1103233 GN グリーン L

登山開始

前日に米子市で観光して宿泊。市内は朝の通勤で混んでいたので、大山寺橋・南光河原駐車場に到着したのは8:30になってしまいました。
この時すでに駐車場は満車に近く、あと数台が駐車できるだけ。トイレは改装されたのか随分綺麗になっていました。
トイレの隣(写真では右手前)には登山届けボックスがありますが、私はネットでコンパスに提出済みです。

この時点での温度はおよそ14度前後。

大神山神社

左手の神社にお参りして裏手にある登山道に入ります。

元谷・下宝珠越分岐

道中、前回向かった下宝珠・ユートピア避難小屋への分岐があります。ここを素通りして元谷方面へ。

元谷堰堤右岸分岐

右手に堤防を見ながら登ります。

階段などを下りつつ・・・・

到着。この手前に駐車場があり、ここまでのメンテナンス道路があるようです。キャンパーとみられるバンも居ましたが、一般の利用も出来るのでしょうか。

行者谷分かれ 五合目

元谷から行者谷分かれに向かうには、このピンクの紐を目がけて進みましょう。入口が分からずちょっと戸惑いました。

道は木道なので道迷いはないでしょうね。谷から吹き下ろす風が直接道に流れ込みます。しかも冷たい風なので汗冷えしそうになりました。

到着。ここで(ブラックダイヤモンド) メンズ トップス フリース Black Diamond Coefficient Jacket を着こみます。

その上にウィンドシェルを重ね着。小雨が降っていたこともあって、簡易レインウェアとして装備。普段使いでも重宝しています。

行者分かれまではほとんど人とすれ違いがありませんでしたが、夏山登山ルートに入るとかなりの登山者とすれ違います。この日は地元の小学生が教員引率の下、山頂を目指しているようで一般の人もここで足止めされていました。
小学生達は元気いっぱいで登って行き、山中ですがとても賑やかでした。

七合目

すれ違いも多いので、道を譲りあいながら先へ進みます。この辺りで8℃前後の気温となりました。

大山頂上避難小屋

石室分岐を通りながら、とりあえずは山頂を目指します。
前方に子供たちがいるので、進んだり止まったりを繰り返しながら進みました。辺りはガスで視界が効きません。

到着しましたが眺望は望めそうにありません。まれにガスが切れて下界が顔を覗かせます。

山小屋で昼食。箸を忘れたことに気づき、カフェオレ(300円)を注文して箸を恵んでもらいました。ありがとうございます。
山小屋は火器厳禁(?)の張り紙がしてあったので、とりあえずは外でお湯を沸かしました。モンベルのリゾッタシリーズはお湯で3分美味しいのですが、アルファ米が細かく砕かれているので、しっかり米を味わいたいなら尾西食品のほうがお勧め!

石室コースを見て下山を開始。

夏山登山コースを一直線に下山しました。14:00時くらいに下山となり、山行4時間、休憩1時間の内容でした!

感想

今回はあいにくの天気でしたが、大雨にはならず足慣らしには丁度いい登山でした。いつもより登山ペースを速めてみたり、コースをアレンジしてみたりと実験も満足。
下山時に太もも膝周りの筋肉が弱いのも分かったので、普段の筋トレで鍛えようと思います。案外登りは楽なのですが。
天気のせいもあってか随分寒く感じたので、これからの時期はもう少し防寒着の対策をしたほうがいいと思います。(現9月末)










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください