OneTigrisポーチ iphone plus用ケース

OneTigrisポーチ iphone plus用ケース

私の古いiphone6が突如として起動しなくなり、セルフ電池交換した際に火を噴きました。よってiphone文鎮ができあがり、急きょiphone6s plusを中古で購入。
以前から大きい端末が欲しかったので、地図や文字の見やすさを優先してサイズアップ。それに合わせてザックに取りつける携帯ポケットも新調していました。

モンベルコンパクトケースシリーズ

これまで使っていたのはこれ。ザックに取りつけることを想定しているので、ベルトが横方向になっています。ほとんどの物は腰ベルトを想定して、縦方向が多いので重宝していました。横にゴムが付いていて落下防止もさっと装着できます。

ただデメリットもあってiphoneだと上部がはみ出るのと、ザックには取りつけられるが完全に固定できずずり落ちてしまう。もちろんある程度工作を行えば改善できます。

レビュー OneTigrisポーチ

今回購入したのがこれ。
アマゾンのレビューでは造りは抜群。ただ手帳入りのiphone plus系は入らない、iphone plusは入ってもギリギリといった意見が多かったです。
私は薄型のケースしか基本使用しないので、なんとか入るだろうと思い注文しました。

このケースにリングを装着して使用しています。

ダンボールや封筒などではなく硬い化粧箱に入っています。

箱の中にはカバーが。

シリアルナンバーまであります。拘りがみえますね。

裏側はベルトに装着するためのストラップが2対あります。これが結構頑丈で・・・

ボタンの周りにベルクロが取りつけてあり、簡単にストラップが外れないようになっている工夫が。いいですね。

ストラップの下にはさらにベルトや紐を通せるストラップがあります。これをザックに・・・と行きたいですが、細すぎるので真ん中の縫込みを解く工作が必要でしょう。今回は解くのは見送ります。

iphone6s plusと比較してみます。大きさはやや大きめに見えますが・・・

キツイとは言えませんが、ガバガバというほどでもなく丁度いい入り具合。

もう少し厚めのケースでも行けそうですが、快適に使うなら薄めのケース+リングくらいがちょうど良さそう。

オスプレーのザックに装着してみました。カラビナで引っ掛けて、縦のベルトストラップにインシュロックでブラブラしないよう固定しています。ベルクロを工作して装着感を改善しようかと思案中です。

感想

思ったより製品も頑丈そうでiphone6s plusにぴったりでした。iphone6でもポケットに入れていると登山中の不快感や落とす不安があり、ザックに取りつけるケースを使っていました。iphone6s plusとなると重く大きくなり、ポケットに突っ込むのは不可能。ケースも大きく重くなるかと心配しましたが、そこまででもなさそうで安心。
実は近日中に富士登山へと向かうので、その際に使用感を確かめようと思っています。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください