レビュー ブラックダイヤモンド グローブ

レビュー ブラックダイヤモンド グローブ

手元にブラックダイヤモンドのグローブが3種類ほど揃ってきたので、簡単ですが比較レビューしていきます。

使用温度域 重量(ペア) 素材 シンサレート 備考
グリセード -17/-1℃ 175g 4ウェイストレッチパーテックスシールドシェル 甲とパームにシンサレートインサレーション(100g/平米) ゴートレザー製パーム/ケブラーステッチ補強
スパーク -12/-1度 185g 防水透湿素材BDRY、フルゴートレザー(山羊皮) プリマロフト®ゴールドインサレーション(60g/平米) スエード製ノーズワイプ
モンブラン -4/4℃ 56g 撥水性ナイロンシェル × シリコングリップを採用し通気性にも優れたパーム素材
親指と人指し指にタッチスクリーン操作対応生地採用

ブラックダイヤモンド Black Diamond グリセード

冬季登山の際、一番最初に購入したのがこちら。1万以下で購入できる雪山にもスキーにも使用できるお得なグローブ。
当初はグリセードでさえ高価に感じていましたが、いろいろな登山道具を揃えるうちにコスパに優れた製品だと思うようになりました。何度か使用しているうちに撥水性が落ちるようなので、NIKWAX(ニクワックス) TX ダイレクトWASH-INなどで撥水を回復されせるようにしました。
あと一度濡れると内側のフリースが非常に乾きにくいです。乾燥機なしだと完全乾燥に2~3日要します。
XSサイズとSサイズと持っていますが、XSサイズだとちょうどピッタリ、Sサイズはインナーフリースを履いた上で装着できて保温力をアップできます。重ね履きを検討してるようであれば、海外製品と思ってワンサイズ落とす必要はないかと思います。(手首から中指先まで17.5cm)

フルゴートレザーと言うことでグリセードよりグリップ感があります。フィット感も暖かさも必要なウィンタースポーツには用途が合うと思います。手首はタイト気味で外したり装着したりはグリセードより手間が掛かります。
手の甲は思より厚めの印象で立体感があります。

 

価格もお手頃なアクティブグローブモンブラン。グリップが必要な場面で活躍する手袋で、最近の手袋らしく人差し指と親指がスマホタッチに対応。
ただし耐水性はほとんどないと思います。ちょっとした濡れ岩に取り付くとすぐ水がしみてきました。

 感想と今後

一日限りなら構いませんが、2日以上ウィンタースポーツ、冬期登山をする場合は予備の手袋が必ず必要でしょう。もしくは今後は手袋の上からゴアテックスなどの防水ミトンを使用して、手袋が濡れることを防ぐ対策が必要でしょう。
ブラックダイヤモンドの製品は使用温度域の表記をしていますが、プラス5度~10度くらいが適当な使用温度域だと思っています。グリセードがマイナス17度の環境で単体使用できるとは思えません。あくまで目安程度にしたほうがよさそう。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください