海外通販 trekkINN

海外通販 trekkINN

輸入商品は基本的に国内販売価格よりかなり高価に設定されています。商品によっては倍以上の価格が付いているものもあります。
海外通販は私自身何度も経験がありますので、比較的使いやすいtrekkINN(トレッキン)での購入方法を紹介します。



trekkINN(トレッキン)とは

このサイトをお勧めする理由は機械翻訳ながら日本語に対応している点と、送料が比較的安い点です。trekINNはtradeINN(トレードイン)グループの一つで、そのほかの様々なスポーツショップを運営しています。慣れればいろんなカテゴリで注文してみたいですが、海外通販は国内通販より納期や対応がルーズなので基本はのんびり対応で構えないとイライラさせれられます。

海外通販前の注意点

海外通販はいくつか注意点があります。

  1. 国によって国内(州)税が異なる
  2. 表示の価格に関税が含まれている場合がある
  3. 送料は基本的に重さ、大きさで変動
  4. 16666円以下なら免税対象
  5. 特定の商品は金額に関わらず課税対象
  6. ショップによっては特定のブランドが出荷禁止
  7. 税関の課税判断はまちまちで計算は雑

など細かく上げるときりがありませんが、以上のような注意点があります。

補足

購入価格16666円以下なら免税の内訳。

  • 課税価格が10000円以下なら免税 ⇒ 16666円×0.6掛け=9999.6円
  • 課税価格は商品合計価格に0.6掛けした価格
  • 送料も商品合計に含まれる
  • 革製品、パンスト・タイツ、手袋・履物、スキー靴、ニット製衣類などが免除されない
  • 課税率は科目によって異なるので注意 税関ホームページ
  • 総額20万円以下の小額輸入貨物は簡易課税率適用、それ以上と例外品目は一般課税率適用

商品購入手続き

商品選び

多くの場合、会員登録後の商品購入が通常の流れですが、trekkINNでは先に商品を選んで購入時に会員登録をするようです。

Patagonia Adze Hybrid
Mammut Makai Mitt Advanced
今回は以上の二点を注文してみます。

Mammut Makai Mitt Advancedは国内価格と比較すると約半額程度ですね。前からミトンが欲しかったので試しに注文してみます。そのまま商品をカートへ。

カートを覗くと上記の画面になります。送料は私の感覚では非常に安く感じます。しかしながら2月8日に発注で2月26日から3月5日に届くとすると、およそ半月から1か月近く掛かる計算になります。
急ぐ便の場合DHLを使いますが、それでも10日前後掛かります。送料は3倍以上の3489円。
特別急いでなければ日本郵便を使いましょう。

プロモーションコード

2018年2月9日現在、5%OFF プロモーションコード:AD005 が発行されています。今回注文した商品はセール中なので以下のような「使用したプロモーションコードは本製品には使えません」と適用できませんでした。注文前に「treakkINN cupon」と検索すると、クーポンコード発行されている場合があるので要チェックです。

必要事項を入

前述の「お支払いへ」から進むと、「真カスタマー」の欄が出来ます。こちらに名前や住所を入力していきます。海外通販の鉄則ですが、基本的に住所は逆から書いていきます

例:XX号室0番地0丁目 XXX通り XXX町 XX市 XX県

住所欄を1枠で収める場合、上記のように入力しましょう。

注意

姓、名はローマ字入力でないと弾かれます。住所などもローマ字で入力しました。

更に下に進むとペイパル、クレジットカードを選ぶ欄があります。ペイパルをお持ちの方はそちらでも構いませんが、クレジットカードはほとんどの場合、クレジットカード詐欺などに合ってもショッピング保険でカバーできると思います。ペイパル会員でない人はクレジットカードで払いで問題ないと思います。

裏面のセキュリティコードカード会社によって表示場所が異なるかもしれません。以下は三井住友VISAの一例。

支払い完了

あっさり注文完了です。普通に国内通販する場合と変わらない作業でした。
注文時に入力したメールアドレスを確認して、注文メールが届いているか確認しましょう。

注文状況確認

商品の配送状況はマイアカウントから確認することができます。どの商品のページでもいいので、ページ上部のサインインからマイアカウントにログインをしましょう。

マイアカウントにログインして「私の注文」から配送予定日などが確認できます。

到着待ち

以上で注文作業は終了。あとは商品が届くのを待ちます。今回は課税されるように注文してみたので、最終的な支払金額がどの程度になるのか報告したいと思います。
今回問題なければ差額の出易い高額テントや有名メーカーのハードウェアなどを注文して行きたいですね。
しかし個人的には大量の自分の知らないメーカーの商品を見るだけでもかなり楽しいです。私だけ?












コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です