コットンキャリア G3 ストラップショット カメラホルスター

コットンキャリア G3

カメラホルスターが欲しい

先日那岐山へ登山した際に、一眼レフカメラを付属のストラップを使って首にぶら下げて行きました。予想通りぶらぶらと首から揺れて煩わしい!案の定、登山への集中力が途切れるし、破損しないか心配だしで「ホルスターを購入するしかない!」という結論に至りました。

では貧乏性の私はなんとか安く上がるホルスターがないか、とamazonで検索を始めます。購入したのはこれ・・・

カテゴリーでも上位の販売ランキングでよくも調べず購入しました。結果、グレゴリーバルトロにもオスプレーアトモスにもベルトが太すぎて挟むことができません。このベルトの機構ですが下記の写真のようなイメージです。

M5のロングボルトを買ってきて加工することも考えましたが、落下防止のセーフティベルトを作成するのも面倒なので別の商品を探すことに。

コットンキャリア G3 ストラップショット カメラホルスター

そこで目を付けましたのがこちら!

G3は下記のEV1の新型モデルらしいです。
装着イメージ。以下は商品説明。
  • バックパックや斜めがけバックのショルダーストラップにカメラを装着するキャリーシステムです。新仕様EV1は、カメラに取付けるハブシステムを改良、一眼レフから駆体の薄い小型機材まで快適な装着を実現しました。
  • ショルダーストラップに巻き付け、機材重量で下がらないようバッグの上部Dリング等にホルスターを固定して使用します。(バッグの肩位置にDリングなどストラップを固定できる箇所がないと装着できません。ご注意ください)
  • カメラ荷重がバッグに分散され快適な携行を実現します。カメラ未装着時は違和感がないほどコンパクトですが、市販のカメラとレンズの組合せであり、持ち歩く範囲内の重量であればどのような組合せでも耐えられるように設計されています。
  • コットンキャリア全モデル共通の独自ロックシステム「ハブ」が素早いカメラのリリース&ロックを実現。素早く撮影ポジションに入れます。

商品到着

小さな箱に「説明書」「ホルダー」「ハンドストラップ」「落下防止ストラップ」「固定金具」が入っています。

こちらは説明書。日本語説明書は入っていません。こちらを参考にすれば取り付け方法は問題ないかと思います。

ザックへの取り付け

こちらはグレゴリーバルトロのザック右側。ベルトとザックの間のストラップへ取りつけて行きます。

ホルダーのストラップを引き出して、ザック側のバックルへ通します。

ホルスター側のバックルに通します。ホルスター側に出たベルトを折り返して・・・・

バックル上部へ通します。ベルトの長さを調整する場合は、ホルスターのバックルを起こせば簡単に長さ調整できると思います。

ベルトへはベルクロを利用して取り付けます。バルトロのベルトと比較しても、十分安心感のある大きさです。

ベルクロが若干はみ出てますが剥がれてしまうような印象は受けません。

カメラへの取り付け

パーツはこれだけです。この取り付けについての細かい説明が見当たらない。なぜでしょう。

まずはこちらも一眼レフカメラにベルクロで取りつけます。

ここがちょっと悩んだ部分です。下のゴムクッション(カメラ側)にベルトのストラップを挟んだ状態で、上からホルスタージョイントをネジで取りつけます。

重要なのはホルスタージョイント金具の方向で、やじるしが付いていますので上記のような方向で取りつけましょう。

反対側には落下防止ストラップ取り付け用のリングを取りつけます。

完成。

使用イメージ

実際にザックに取りつけたホルダーへカメラを装着してます!

上からカメラを縦にスライドして装着。

横にすると固定されます。ちなみに右下に見えるストラップは旧モデルから改良されているようです。ボタンを押すと簡単に落下防止ストラップからカメラをリリースできます。

撮影が捗るカジェット

実際に使用してみてみないとなんとも言えませんが、ザックを背負ってテストした感じは良好。ガチ!っと硬い印象はなく、カメラを簡単に取り外しができます。落下防止ストラップも着いていますので、万が一手を滑らしても紛失は免れそうです。新型コットンキャリアG3、現在1万円切ってますのでお勧めです。

ちなみに私の使用しているカメラはCanon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7Canon 単焦点広角レンズ EF-S24mm F2.8 STMを装着しています。ズームなどはできませんが、カメラ素人の私には軽量で扱いやすいので必要十分!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください