登山中(登り)の股関節の痛み

登山中の体の痛み

日常生活でも体の痛みを体験される方は多いと思います。
その痛みが登山中に悪化することもある筈です。
しかしながら今回は「普段はなんともないが、登山中にだけ発生する体の痛み」についてレポートします。

体験談

過去、何度か登山中に股関節が痛くなったことがあります。
この記事を書いている時点で今だ解決してない症状ですが、インターネット等を検索しても「下山中の股関節の痛み」について記事はあれど「登山中の股関節の痛み」については記事が少ない印象でした。
私自身日常生活で、股関節の痛みを引き起こすこともなく問題なく生活しています。
しかしながら登山中(登りのみ)、曲げるたびに右足の股関節に痛みが出てきて、非常に困ってなんとか解決できないものでしょうか。

股関節の痛みの原因

腸腰筋疲労

腸腰筋とは大腰筋+小腰筋+腸骨筋を足した、2つないしは3つの筋肉の総称とのことだそうです。
私は医療の専門家ではないですし、ここで医学的なことを論じることはしません。
問題はこの筋肉が疲労することで、股関節の痛みが発生することがあるという事実です。

股関節の病気

股関節の病気としては主に以下のような物があるようです。

  1. 先天的な股関節脱臼
  2. 臼蓋の形成不全
  3. 加齢による骨粗しょう症
  4. 変形性股関節症

病気を疑うときりがありませんし、下山中にはさほど痛くないことから病気とは考えくいはずです。

運動不足

普通の方であれば運動不足を疑うかもしれません。
しかしながら私は普段から3日に一度のウェイトトレーニング(筋トレ)、毎日エアロバイクに30分乗っています。
この運動の際にも痛みはありませんし、年単位で続けているので運動不足ということはないでしょう。

登山前のストレッチ

登山前のストレッチをもっと行うことで、登山中のトラブルを減らせるかもしれません。
今後、何度か登山前にストレッチを取り入れてみようと思っています。

バックパックのウエストベルト

下山中には症状が出ないことから、バックパックのベルトが動きを阻害して股関節の痛みを誘発している可能性もあります。
ウエストベルトをせず登山してみて、ストレッチと合わせ症状が出るかどうか検証してみようと思います。

たのしい登山は痛みあれば苦行に

当然ですが登っている最中に体の痛みに悩まされれば、途端に楽しい登山が苦行に変わってしまいます。
膝の痛みや靴擦れなどの痛みは原因が特定しやすいですが、原因の分からない痛みの症状が出る状況で登山は非常に不安です。
遭難でもすれば自分だけの事では済みません。
登山中の股関節の痛みに関しては検証した上、また報告をしたいと思っています。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です