立川黒部アルペンルート

立川黒部アルペンルート

2017年6月、「山」というものに興味がある方は、必ずご存知であろう「立山黒部」に行ってみました。

交通手段

西日本の田舎者が立山に行くには、いくつかの方法があります。

  1. 車で行くー軽く片道半日以上かかる
  2. 新幹線で行くー往復は3万以上かかる上に、長野駅からはバス(アルピコ交通)を利用しなければならない
  3. 飛行機で行くー乗り換えが必要、また富山空港からのバスや電車の利用が必須
  4. 旅行会社のバスツアーを使うー平日は運行してない場合がある

この時私は1と3の合わせ技を使うことにしました。

まず羽田まで飛び、東京からレンタカーを借りて立山(扇沢駅)へ向かうという方法でした。

旅費

飛行機代金、レンタカー代金などはもちろん発生しますが、以外に高いのが「きっぷ」。

立山黒部アルペンルート 運賃自動計算システム

麓の扇沢駅から山頂室堂まで、往復9050円かかります。
全体の料金を計算すると、気軽に行ける金額ではありません。

扇沢駅~黒部ダム

平日なので止める場所も余裕がありました。

きっぷを購入しトロリーバスに乗ります。
6月なのでちょっと汗ばむ程度の気温。

到着すると冷たい風が吹き抜けます。
麓との気温差でかなり肌寒く感じます。

階段を昇っていくと黒部ダムが現れます!
ダムの圧迫感は、写真では全く伝わりません。

山肌の急斜面沿って階段を降りて行きます。

レストハウスが見えます。
ここには修学旅行生、外国人観光客が常に大勢いらっしゃいます。

黒部ダム~室堂

黒部ケーブルカーをここで待ちます。
この黒部湖ダムは6月にも関わらず、すごく寒い!

このときモンベル バーサライトバック20から防寒着を取り出します。
軽くて沢山物が入るので、本格的なバックパックを購入するまで重宝しました。
小さくポケッタブルになるので、サブバックとしても使っていけます。

トープウェー、トロリーバスを乗り継ぎ一気に山頂へ!
途中お土産屋もありますが、帰りに買うことをお勧めします。

室堂駅は観光客でごった返していました。
扇沢駅からの人は少なかったですが、富山側からのお客さんが多かったようです。
一歩駅をでると6月にも関わらず一面雪景色。
この時は雪の大谷ウォークが行われており、まだまだ高い雪の壁を楽しめました。

立山

雪の大谷を歩いた後は立山の山々を観に行きます。

みくりが池方面へ歩きます。

この時の靴はモンベル マリポサトレール。
アイゼンの名前も知らなかった私は、ずるずると足を滑らしながら凍った山を歩きました。
今思うと「装備があれば、もっと楽しみながら立山を歩けただろうな」と思っています。

ライチョウが居ました!
動画もありますが私の後をずっと付いてきて、人なれしている印象。

虫も寒さに耐えて頑張ってます。

感想

この時は観光目的で行きましたが、一度では全く満足できないほど魅力が詰まった立山。
立山 下ノ廊下や展望台、登山、ホテルでの星空観賞、挙げればきりがありません。
数か月後、ダムの放水を見るためにまた来ることになりました。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください